水のトラブルの原因について

水道 工事で多いのが、水漏れ、排水溝のつまりなどですが、それぞれの場所で、どのような原因で発生するのか紹介します。台所、お風呂、トイレなど生活に密着しているところで、あらかじめ気をつけておく事として意識することは大切かもしれません。水のトラブルを未然に防ぐための参考にしてください。

■台所の水のトラブルの原因

台所の水漏れは様々な箇所から発生しますが、一番多いのが蛇口や水栓からで、その他シンク下、さらには排水や給水に使うパイプからの水の染み出しなどもあるようです。これらの水漏れの原因に共通なのが老朽化や破損で、どうしても長年使っていると劣化が進んでしまいますので、部品交換が必要になってきます。
次に排水溝のつまりですが、そのまま放置していても状況が好転することはないので早急な対策が必要です。つまりの原因としては、多いのが固形物で、食材をはじめとして爪楊枝やペットボトルのキャップなどもあります。油汚れなども温度が下がると排水溝の中で脂が白く固まってしまい、固形物化して水のトラブルの要因になります。

■お風呂の水のトラブルの原因
お風呂の水漏れも多いトラブルの一つですが、蛇口やシャワーの箇所での水漏れが多いようです。原因はやはり部品の劣化で、水漏れを起こしている箇所の部品交換で解決しますが、中には部品交換だけでは解決しないケースもあるようです。お風呂のつまりについては、最も多い原因は髪の毛や石鹸カスですが、浴槽と洗い場の2箇所の排水溝があり、どちらかが詰まると排水の力は弱くなるようです。

■トイレの水のトラブルの原因

トイレ 水漏れは何らかの前兆がある場合があります。例えば日頃聞こえない音が聞こえるとかですが、トイレの水漏れに関しては適切な処置をしないと水は出続けることになります。水道の元栓を閉じる措置も有効ですが、トイレを使う度毎にずっと水が漏れている状態は解消されないままですので、日常生活で本当に困ることの一つです。水漏れの箇所としては、給水管からの水漏れが最も多く、止水管、さらには便器とタンクとの隙間からも水漏れは起きています。
次にトイレのつまりですが、「トイレに流してはいけないものを流す」ことで多く発生しています。トイレットペーパーを大量に流すとつまる原因となり、テッシュペーパー、チラシ、レシートなどの紙類も水に溶けにくいので流さないようにしましょう。携帯電話なども落としてしまう事が多く発生しているようですので気をつけたいですね。

■まとめ
水漏れについては該当箇所や程度によってどのような工事内容になるのか、経年劣化ということもあるので、見積もりを検討して施工の内容を検討するようにしましょう。また、排水溝のつまりに関しては、日常生活で注意しておくポイントを確認しておくと、水のトラブル回避ができる場合もあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ